キスができる目立たない裏側矯正の費用とは

こんにちは、「上前津歯科医院」歯科医師の今井です。
目立たない矯正に舌側矯正(ぜっそくきょうせい)、いわゆる裏側矯正というものがございます。
表側に矯正器具を装着しないので、めだちにくく、若者に人気があります。(キスするにも気になりにくい、とのことです)
今回は、そんな裏側矯正について、費用やローンのお話しをしたいと思います。

1. 裏側矯正の治療の流れと費用

①初診相談/カウンセリング
②舌側矯正をすることに決めたら必要になる精密検査
③診断/治療計画の説明
④矯正治療のための前処置
⑤舌側矯正装置の装着/矯正スタート
⑥保定/経過観察(矯正治療完了後)

①初診相談/カウンセリング

最近では、治療方法の種類の説明を無料で行う歯科医院がたくさんあります。この時に忘れずに、精密検査の費用や通院時処置費用の有無、支払いのタイミング等、 お金の事も併せて聞いておくとその後とても安心です。

②舌側矯正をすることに決めたら必要になる精密検査

いざ矯正の方法を舌側矯正に決めてからまず行うことが、現在のお口の状態を 精確に診断して、治療計画を立てるための資料を揃えなければなりません。
そのために顔面し写真、全身写真、口腔内写真の撮影や各種レントゲンの撮影、最近ではより正確な診断を行うために3D(CT)撮影を行う医院もあります。
お口の型取りをして、歯型の採取等を行います。最近では、お口の型取りを特殊なカメラ(口腔内スキャナ)で撮影し、映像化して診断や治療に使用する歯科医院もあります。

精密検査にかかる費用は3万円〜10万円と幅広く、歯科医院によってさまざまです。

③ 診断/治療計画の説明

歯の形/大きさや、顎の形/大きさ、顔面との調和などを総合的に診断して、シュミレーションした模型や画像を用いて、治療計画の説明を行います。

④ 矯正治療のための前処置

矯正装置を装着する前に、必要に応じて虫歯  治療/歯周治療を行います。また、診断に基づいて抜くことが必要な歯は、抜歯を行います。

⑤ 舌側矯正装置の装着/矯正スタート

舌側矯正装置の装着を行います。矯正装置装着時には、おおよそ80万円〜150万円(医院によって費用は異なる)の料金がかかります。
また、治療毎の定額制(トータルフィー)を導入している歯科医院もあります。
矯正装置の調整を行うために1〜2ヶ月に1度通院が必要となります。その際3,000円(医院により異なる)程度の調整料金が必要となります。

☆個人差はありますが、矯正装置を装着している期間は舌側矯正の場合、症例により異なりますがおおよそ2年〜3年前後はかかります。

⑥ 保定/経過観察(矯正治療完了後)

数ヶ月に1度通院。矯正治療終了したあと、後戻りを防ぐために保定を行います。
取り外し可能な装置(保定装置おおよそ50000円程度)を就寝時のみ使用することで、後戻りを防ぐことが出来ます。この過程を怠ると、これまでの努力が水の泡になってしまいます。
経過観察期間も含めて、1年から2年程かかります。

2. 表側矯正と比べて裏側矯正の費用は多くかかるの?

一般的に表側矯正と比べて裏側矯正の費用はおおよそ1.5倍多くかかります。歯の裏側は凸凹で複雑であり、ひとりひとり形が違います。そのため表側矯正のブラケットを使うことができず、患者さんひとりひとりに合わせた装置を作る必要があります。
オーダーメイドの矯正装置ということになり、装置費用が高くなります。歯の表面に比べ、歯の裏側は見づらく細かい作業となります。手間と時間がかかり、高度な技術が必要となるので技術料が高くなります。また、通院期間/回数も多くなる傾向があるのでその分の調整料金も多くかかってくるので必要な費用として入れておく必要があります。

3. 裏側矯正の費用の支払い方法と時期は?ローン払いって可能なの?

矯正治療では診断時、矯正治療開始時(装置装着時)に、保定開始時に費用が発生します。その支払い方法は医院によって異なってきます。
その都度支払うのが一般的ですが、医院によっては治療にかかる費用のトータルを治療回数で分割し、分割された金額を治療毎の支払う定額制(トータルフィー)を採用しているところもあります。

治療開始時に一括で支払うのが難しい場合は、デンタルローンと取り扱っている医院であればローンを組むことも可能です。契約は各ローン会社をで行うことになり、各ローン会社によってそれぞれに手数料や金利が違います。各ローン会社の基準に準じた審査申請も必要となります。
治療を受ける歯科医院で、支払い時期や方法、デンタルローンについても相談してみると良いでしょう。

デンタルローンの参考資料

  • 三井住友銀行
    金利年5.975% お借り入れ金額10万円〜300万円 返済期間1年〜10年
  • みずほ銀行
    金利年5.875%〜6.65% お借り入れ金額10万円〜300万円
    返済期間6ヶ月〜7年
  • イオン銀行
    金利年3.8%〜8.8% お借り入れ金額30万円〜700万円
    お借り入れ期間1年〜8年
  • スルガ銀行
    金利年7.0%〜11% 最高限度額800万円 最大120回払い

 

他にもたくさんの銀行や信用金庫が、デンタルローンを扱っています。 金利が少ないほど審査は厳しく、金利が高いほど審査が通りやすい傾向があります。

歯科医院によっては、手数料無しの分割払いを取り入れているところもあります。裏側矯正は、長い期間の通院が必要となり、歯科医院とのお付き合いも長くなります。ご自身が何よりも信頼でき、どんなことでも質問出来る関係が築けるような歯科医院を見つけましょう。

最後に。
ローンに対しても、医療費控除対象となります。 その前にこれから始める矯正施術が、医療控除の対象となるのか予め確かめておくことが大切です。通院の際に支払ったバスや電車といった交通費も、医療費控除対象となります。
ただし、車による通院は対象外となるようです。お気をつけ下さい。

目立ちにくい矯正があるって聞いたけれども?

2018.04.06