歯磨き粉選びのポイントと歯科医師が選ぶ歯磨き粉ランキング10

brushing teeth

brushing teeth薬局やドラッグストアに行くと様々な歯磨き粉が陳列されており、どれを選んだら良いかと患者さんから質問されます。確かに歯磨き粉は、新しい製品が毎年のように発売され、以前、購入した歯磨き粉を探すことすら難しくなっていますね。歯磨き粉なんて、どれも一緒と思っているかもしれませんが、毎日、使用するものですので、自分に合った歯磨き粉をみつけたいですね。

今回は、用途に応じて異なる歯磨き粉選び・年齢に応じて異なる歯磨き粉選びのポイントと、私たち歯科医師が選ぶ歯磨き粉ベスト10を紹介します。

歯磨き粉の常識・非常識

  1. 泡がたつのは、NGって知ってました?
    (ほとんどの方が、泡でお口の中がいっぱいになると、歯ブラシを止めてしまいます。泡がたくさんになることで、磨けたと勘違いしてしまうんですね。最近では、泡がたちにくい低発泡性の歯磨き粉が発売されています。)
  2. 研磨剤で歯の着色を落とすのは、NGって知ってました?
    (研磨剤入りの歯磨き粉で、ゴシゴシ磨くと、着色が落ちたので、一見きれいになったと思われますが、実際、歯の表面は、研磨剤で凸凹になってしまい、そのままですと、すぐに着色してしまいます。着色を落としたら、再石灰化させる歯磨き粉で、歯の表面を修復してあげないといけません。)
  3. 歯ブラシを濡らして、歯磨き粉をで磨くのは、NGって知ってました?
    (歯ブラシをする前に、水を歯ブラシにつけて磨くと、泡が余計にたち過ぎてしまい、磨けていないのに磨いた気分になってしまいます。歯ブラシをする際は、歯ブラシを水で濡らさずに、歯磨き粉のみをつけて、磨き始めましょう。)
  4. たっぷり歯磨き粉をつけるのは、NGって知ってました?
    (歯磨き粉は、あくまでも補助する役割で、1番目は、しっかりと歯ブラシで汚れを落とすことが重要となります。歯磨き粉の薬用成分と歯ブラシでしっかり汚れを落とすとで比較すると、歯ブラシでしっかりと汚れを落とす方の比重が多くなります。)

1. 用途別歯磨き粉の選び方

歯磨き粉の用途は、以下の5つに分けられます。

  1. 虫歯になりやすい人向け
  2. 歯周病になりやすい人向け
  3. 歯がしみる人向け
  4. 口臭が気になる人向け
  5. 歯を白くしたい人向け
  6. 歯質を強化したい人向け

2−1. 虫歯になりやすい人向けの歯磨き粉

虫歯になりやすい人は、“フッ化ナトリウム”“フッ化リン酸ナトリウム” “モノフルオロリン酸ナトリウム” “フッ化第一スズ”などフッ素が配合された歯磨き粉がオススメになります

また“酸クロルヘキシジン”“トリクロサン”“塩化ベンゼトニウム”などの殺菌効果の高い歯磨き粉もオススメです。

基本的に虫歯の多い人は、歯ブラシで歯垢や汚れを徹底的に落とす必要があります。

なぜなら、せっかくフッ素配合でも歯に汚れや食べかすがついているとフッ素の効果が歯の表面まで届かないので、いくらフッ素濃度が高くても効果はなくなってしまします。

そのため、ある程度研磨剤が多く含まれている歯磨き粉の選択もありかと思います。しかし、研磨剤が入っていることで、歯の表面も傷つくことも理解しておきましょう。

 

虫歯予防

フッ素配合歯磨き粉

市販製品 フッ素濃度1000ppm以下

 

クリニカ 130g フッ素濃度960ppm

クリアクリーンナチュラルミントST 140g フッ素濃度883ppm

オーラ2 小売り希望価格(税抜)400円 100g

キシリデント ライオン 120g フッ素濃度950ppm

サンスターGUM 140g フッ素濃度924ppm

デンターシステマEX 130g フッ素濃度960ppm

ガードハロー 165g フッ素濃度883ppm

ライオンこども歯磨き 40g フッ素濃度960ppm

 

やはり虫歯予防の場合はフッ素濃度の高い歯磨き粉がベストだと思います。まずは、しっかりと磨くことが前提になります。

市販の歯磨き粉の悪い点は、発泡剤が多く含まれていますので、磨けていないのに磨いた気になってしまうという点が問題になります。

まずは、歯科医院を受診して歯磨きの方法を学んでみてから、毎日の歯ブラシを行いましょう。

2−1−1. メルサージュクリアジェル

  • 内容量 60g
  • 価格+税
  • 特徴:研磨剤無配合なので、泡が立ちにくく、時間をかけて磨く事ができます。フッ素950ppm配合で、虫歯の発生や進行を防いでくれます。ダブル殺菌成分(CPC. IPMP)が歯周病や口臭を防いでくれます。歯周病の消炎効果として、βグリチルレチン酸を配合しています。
    虫歯リスクの高い方にもってこいの歯みがき粉になります。最近は、なんでもかんでもジェルタイプが流行っていますが、歯と歯の間に成分が残ってくれますので、非常に有効です。

2−1−2 . コンクール ジェルコートF

  • 内容量90g
  • 価格1,000円+税
  • 特徴:フッ化ナトリウムが、950ppm含まれており、虫歯予防効果が高く、歯周病菌を殺菌する塩酸クロルヘキシジンが配合されており、歯周病にも有効です。研磨剤が入っておらず、歯を傷つけず、発泡剤も入っておらず、泡がたたないので、じっくり時間をかけて磨けます。今のところ、虫歯予防・歯周病予防のどちらも防げる歯磨き粉としては、最強ではないかと思います。

2−1−3 . アパガードリナメル

  • 内容量120gimage3
  • 価格+税
  • 特徴:再石灰化(歯の修復)を促す歯みがき粉になります。ハイドロキシアパタイトが2倍配合の歯科専用品。市販の物に比べると、この2倍という部分が大きく違います。歯は、いつも脱灰(歯が溶ける)と再石灰化(歯の修復)を繰り返し、脱灰で減った歯質を、再石灰化でもとに戻すという現象を繰り返しています。通常、唾液の中に含まれるカルシュウムイオンとリン酸イオンにより、再石灰化が起こりますが、これが足りない場合に虫歯が進行することになりますので、アパガードリナメルは、再石灰化を助けて、虫歯になりにくい歯質をつくりあげます。
    アパガードリナメルには、以下の3つの効果があります。
    1、歯垢(歯の汚れ)吸着除去
    2、歯の表面の小さな傷を埋める。
    3、再石灰化
    アパガードリナメルは、虫歯になりやすい環境を改善して、歯を守る働きがあります。

2−1−4. チェックアップ スタンダード

  • 内容量 120gimage4
  • 価格 500円+税
  • 特徴:ソフトペーストタイプで、低研磨・低発泡・低香味と歯を長く磨く事のできる歯磨き粉になります。フッ素濃度は、950ppmと高く、虫歯予防の歯みがきとして、用いられています。泡が立ちにくい=長く磨けるということを理解してから、使用すると効果的です。

2−2. 歯周病になりやすい人向けの歯磨き粉

歯周病になりやすい人は、市販の歯磨き粉ではなく歯科医院にて指示のあった製品を使用することをオススメします。

市販の歯磨き粉は、あくまでも歯周病予防の歯磨き粉であり、予防がメインであるため、歯周病になってから使用しても遅いという現実があります。

「あの歯磨き粉を使って磨いたら、歯ぐきから出血しなくなった。」と良く聞きますが、実際は、歯磨き粉が良いのではなく、きちんと磨いたので歯ぐきが引き締まり出血しなくなった場合がほとんどだと思われます。

例えば、「アセス、デントヘルス、生葉」などありますが、虫歯と同じく歯ブラシの方が重要で、歯ブラシにより歯周病が良い方向へ治癒していくとお考えください。

歯科医院専売の中でのオススメは、やはりコンクールFですね。

グルコン酸クロールヘキシジンを配合しているために、浮遊している歯周病菌を殺菌してくれます。

やはり、歯科医院専売品には、歯周病に対してきちんと効能があると製品を提供しますので、それなりの効果があります。

2−2−1. バトラーCHXペースト

  • 内容量 75gimage5
  • 価格+税
  • 特徴:殺菌剤塩酸クロルヘキシジン配合で、歯周病菌を殺菌してくれます。歯周病(歯肉炎・歯周炎)でお困りの方にとって、効果のある歯磨き粉になります。フッ素も925ppm配合されており、虫歯予防効果もあります。クロルヘキシジンでアレルギーがある人は、使用しないでください。

 

 

2−2−2. コンクール リペリオ

  • 内容量 80gimage6
  • 価格 1200円+税
  • 特徴:歯周病に特化した歯みがき粉になります。歯周病予防ではなく、歯周病になってから歯ぐきに対する歯みがき粉になります。塩化ナトリュウムが歯ぐきを引き締め、OIM加水分解コンキオリンが、歯肉を修復する力があります。OIM加水分解コンキオリンは、歯ぐきを構成している繊維芽細胞、コラーゲン、エラスチンを増殖させ、歯ぐきを回復させます。歯ぐきから出血やトラブルを回復させることにより、口臭を防ぐことができます。

2−2−3. ペリオバスタージェル

  • 内容量 90g
  • 価格 2000円+税
  • 特徴:ペリオバスタージェルは、天然成分由来の歯周病に対する歯みがき粉にります。通常の歯みがき粉は、化学物質由来成分で、歯周病菌を殺菌する役割がありますが、ペリオバスタージェルは、天然成分由来成分となりますので、飲み込んでも問題がない歯みがき粉になります。

2−3. 歯がしみる人向けの歯磨き粉

歯ブラシをして、毛先がその部分に触れると「キーーーン」という鋭い痛みを伴う場合がありませんか?

ほとんどの場合は、虫歯ではなく「知覚過敏」であることが多いです。

知覚過敏の原因は、様々ありますが、歯磨き粉として有名なのは「シュミテクト」です。

シュミテクトは「硝酸カリュウム」という成分が含まれており、イオン化して歯髄(神経)の周りにバリアをつくり、刺激の伝達を遮断します。

歯がしみる場合は、次のような歯ブラシ方法を推薦します。

 

研磨剤の含まれた歯磨き粉を用いない

強い力で磨かない

硬い歯ブラシで磨かない

横磨きをしない

正確な歯ブラシ方法は、歯科医院にてレッスンを受ける

歯周病や歯ぎしりが原因で歯がしみている場合は、歯科医院を受診してください

 

歯がしみる原因は、虫歯か知覚過敏だと推測できます。

しかし、自分で判断ができない場合が、多いですので、歯科医院を受診して確認の上で歯ブラシを行うようにしましょう。

2−3−1. シュミテクトコンプリートワンEX

  • 内容量 90g image7
  • 価格 650円
  • 特徴:虫歯ではないのに、歯がしみる経験をされたことはありませんか?エナメル質が削れたり、歯の後退、歯ぎしり・食いしばりにより、象牙質が露出し、刺激が神経に伝達し、シミてしまいます。シュミテクトは、この刺激を硝酸カリュウムの働きにより、刺激の伝達を防ぎます。その他にもシュミテクトコンプリートワンEXには、虫歯予防、口臭防止、歯周病予防などの効果もあります。

2−3−2. メルサージュヒスケア

  • 内容量 80gimage8
  • 価格 +税
  • 特徴:知覚過敏の刺激を硝酸カリュウムと乳酸アルミニウムの2つでダブルブロックします。硝酸カリュウムは、痛みの刺激をブロックし、乳酸アルミニウムは、痛みの刺激を伝達する象牙細管の入り口をフタをして、刺激を遮断してくれます。フッ素も900ppm含まれており、虫歯予防の効果があり、βグリチルレチン酸が歯周病の消炎効果も期待できます。着色予防効果には、マクロゴール400が作用して、防いでくれます。

2−3−3. システマセンスィティブ

  • 用量 90gimage9
  • 価格 800円+税
  • 特徴:こちらも、メルサージュヒスケアと同じように硝酸カリュウムと乳酸アルミニュウムの知覚過敏刺激をダブルブロックです。IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が、細菌の塊(バイオフィルム)の中まで浸透し、殺菌します。長時間、歯ブラシができるようにソフトペーストタイプで、低研磨・低発泡です。

 

2−4. 口臭が気になる人向けの歯磨き粉

口臭は、生理的口臭と病的な口臭に別れます。

生理的口臭は、食べ物・タバコ・アルコールなど誰しもが、飲んだり食べたりすれば感じる臭いです。

病的口臭は、次のようなものがあります。

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 口内炎
  • 蓄膿症
  • 扁桃腺
  • 逆流性胃腸炎
  • 慢性気管支炎
  • 糖尿病
  • 肝臓病
  • 腎不全

しかし、口臭の90%は虫歯・歯周病と言われています。

口臭が気になったら、まず、この2つを気にしましょう。また、唾液が少ないと自浄作用がなくなりますので、なかなか歯磨きをしても口臭が消えないということになります。

口腔内細菌にも注目です。

お口の中の細菌数が増えると細菌の出す代謝産物により口臭が発生します。

虫歯や歯周病をそのままにしておくと細菌数が増加していきますので、口臭の原因となります。

虫歯や歯周病は放置していて快方へ向かうことはありません。

しっかりと治療を行い、細菌数を少なくするようにまずは努めましょう。

口臭が気になるからといってむやみに歯をゴシゴシ磨いたり、舌ブラシで磨いたりすることは控えましょう。かえって歯ぐきを傷つけたり、舌の磨き過ぎで細菌のバランスが崩れて、口臭がひどくなる場合があります

2−4−1. セラブレス

  • 内容量 113.5gimage10
  • 価格 1800円
  • 特徴:本格派の口臭予防歯磨きジェルになります。低刺激で、舌の汚れ落としにも使用できます。味が低刺激なので長時間磨く事もできますし、ジェル状なので、歯と歯の間に留まり、口臭を予防してくれます。洗口剤との併用が好ましく、両方の使用で、さらに口臭予防効果が高まります。

 

 

2−4−2. マスティックアロマ

  • 内容量 45gimage11
  • 価格 2000円
  • 特徴:人工的な化学物質を使用しておらず、天然ハーブや生薬から注質した成分を配合している。何よりも低発泡で刺激が少ないので、長い時間歯ブラシができるメリットがあります。化学物質ではなく、天然成分由来というのが1つのポイントですね。磨いた後にハーブの香りが残るも、良い印象をうけました。

 

 

2−5. 歯を白くしたい人向けの歯磨き粉

歯の表面の着色

歯の表面についた着色は、研磨剤の入った歯磨き粉を用いて磨くことで落とせます。
問題は、歯の表面まで磨いて傷をつけてしまうと余計に着色がつきやすくなる点です。
歯科医院にて着色を除去する場合は、目の粗い研磨剤・中程度の研磨剤・軽度の研磨剤とめの粗い研磨剤をから細かい物までを用いて、歯の表面を最終的にツルツルの状態に仕上げていきます。
そのため着色が、つきにくい表面となります。

ご自宅で着色を落とすことは、可能ですが、歯の表面まで傷をつけないように注意しましょう。

歯の内部の黄ばみを白くする

こちらは、歯本来の色を白くする場合です。
市販の歯磨き粉は、ホワイトニングというネーミングであったとしても、着色汚れを落として、本来の白い歯に戻すといった製品がほとんどになります。
歯本来の色をホワイトニングで白くする製品は、あまり見当たりません。
海外製品で“スーパースマイルアクセラレーター”が、唯一歯をホワイトニングする効果のある過酸化尿素が含まれています

しかし、歯科医師の指示のもとに販売する製品となりますので、歯科医院の受診が必要となります。

2−5−1. スーパースマイル

  • 内容量 119g
  • 価格 2800円
  • 特徴:従来の歯磨き粉は、研磨剤の配合により、着色を除去する際に、歯の部分まで削ってしまうという欠点がありました。スーパースマイルは、歯を削らずに着色汚れを分解する特徴があり、エナメル質の再石灰化を促します。世界の著名人も使用しているブランドで、セラミック治療やホワイトニングを行なった後に非常に有効な歯磨き粉になります。

2−5−2. スーパースマイルアクセラレーター

  • 内容量 102g
  • 価格 7000円
  • 特徴:スーパースマイルアクセラレーターは、歯磨き粉の中に、過酸化尿素が含まれており、歯を漂白する効果があります。ホワイトニングを行なう前、後と歯を白くする効果が早まり、白く維持する効果もあります。日本製の歯磨き粉では、このようなホワイトニング成分を含むものはなく、海外製品ならではの歯磨き粉になります。歯磨き粉の中では、突出して高い値段になりますが、ホームホワイトニングのジェルを購入すると考えれば、そんなに高くない金額となります。

2−5−3. コンクールクリーニングジェル

  • 内容量 40gimage12
  • 価格
  • 特徴:歯の表面についた着色汚れを、吸着除去します。歯の表面の着色汚れを落とすには、研磨剤・清掃剤が必要になります。研磨剤としては、サンゴパワダーを用いており、清掃剤としては、シリカを用いています。毎日ではなく、週に1〜2回の使用で十分となります。使用後、歯の表面は、傷がついていますので、コンクールFやジェルコートFを用いて、フッ素による歯のパックが必要になります。

2−5−4. ブリリアントモア

  • 用量 90gimage13
  • 価格 950円
  • 特徴:イオンの力で歯の表面の汚れを浮き上がらせて、分解します。ピロリン酸ナトリュウムが汚れを歯の表面から浮き上がらせ、歯ブラシにて汚れをとるというシステムになります。ホワイトニングの漂白効果は、ありませんが、歯の表面の着色を落とす効果が高い歯磨き粉になります。

 

2−5−5. デンティッセ

  • 内容量 150gimage14
  • 価格 2200円
  • 特徴:通常の研磨剤ですと歯の表面を傷つけてしまい、着色が寄り付きやすくなってしまいます。デンティッセは、カオリンと呼ばれる特殊な研磨剤を用いて、磨くと傷がつきにくく、優しく磨き上げることができます。防腐剤などの保存料、合成着色料、合成香料は、いっさい含んでいません。

 

 

2−6. 歯を強化したい人向けの歯磨き粉

歯磨き粉+アルファーの考え方になりますが、歯自体を強化するために、歯のパックであったり、コーティングする役割の歯磨き粉もあります。

以前は、歯質強化となるとフッ素がメインでしたが、最近では、フッ素だけではなくリカルデント由来であったり、様々なパックやコーティング作用のある歯磨き粉が発売されています。

小児などお子さんには、この歯を強化したい歯磨き粉が、重宝されます。

2−6−1. MIペースト

  • 用量 40gimage15
  • 価格
  • 特徴:初めに牛乳アレルギーの方には、使用できません。MIペーストは、牛乳由来成分であるCPP-ACP(リカルデント)が含まれており、新しいコンセプトのミネラルパックになります。ミネラルが豊富に含まれており、食後に酸性に傾いたお口の中の状態を中性に戻す中和作用と酸性になりにくい環境をつくりあげます。

2−6−2. チェックアップジェル

  • 内容量 60gimage16
  • 価格 580円
  • 特徴:研磨剤が含まれておらず、低発泡・低香味で、ライフステージに応じて、味が変わります。
    1、6歳まで(バナナ)フッ素濃度500ppm
    2、18歳まで(ピーチ、グレープ、レモンティー)フッ素濃度950ppm
    3、18歳以上(ミント)フッ素濃度950ppm+塩化セチルピリジニウム

3. 年齢別歯磨き粉の選び方

年齢により、歯磨き粉の選び方も変わってきます。それは、年齢でお口の中の環境が変わってくるからです。年齢と共に歯周病のリスクが高まり、段々に虫歯から歯周病予防という概念となってきます。

年齢の若い時と歳をとった時では、お口の中の環境が全く違いますので、自分のお口の中に合った歯磨き粉を選択する必要があります。

3−1. 0〜10代の傾向と歯磨き粉選び

image17生まれてから20歳になるまでですが、虫歯のリスクが高いです。それでも、以前に比べると虫歯で治療を行なう小児歯科のニーズは、極端に少なくなっています。その主な理由は、1日2〜3回の歯ブラシの習慣化だそうです。昔は、1日に1回歯ブラシを行なう程度が平均でしたが、現代では、2〜3回と回数が多くなり、歯を大事にするという文化ができつつあります。

20歳になるまでは、それでも虫歯リスクが高いですので、フッ素入りの虫歯予防の歯磨き粉がベストになります。また、6歳大人の歯が生えてきたら、その歯を大事にお口の中に維持していくために、歯のパックやコーティングも併用することをおすすめします。

3−2. 20〜30代の傾向と歯磨き粉選び

image1820代は、虫歯と歯周病の混合の世代になります。20代前半は、虫歯リスクが高く、30代に近づく程、歯周病リスクが高くなります。

30代の80%は、歯周病というCMを見た事がありますか?えーーっと思うかもしれませんが、事実になります。30代からは、虫歯予防より歯周病予防が重要となります。歯周病は、痛みがなく進行しますので、気づいたら歯がグラグラしてきたという方が多く、手遅れな場合が多いです。早め早めに歯周病予防に切り替えていきましょう。

3−3. 40代〜60代の傾向と歯磨き粉選び

image1940代からは、歯周病との戦いですね。歯の周りの骨を溶かす病気が歯周病になりますので、歯磨き粉も歯周病がメインになります。また、歯磨き粉だけではなく、うがい薬も併用してお使い頂いた方が、効果的だと思います。

40代を過ぎると、歯を失ったりと様々な弊害がお口の中で起こってきます。やはり、それをストップするには、毎日の歯ブラシになりますが、それにプラスして、歯周病を予防する歯磨き粉をどのように使用するかが、ポイントになります。歯ブラシ以外に歯間ブラシに歯磨き粉や洗口液をつけて、磨くのも有効になります。

右の図でも45歳を越えてくると30%以上の方が、中等度歯周病の症状を抱えています。

3−4. 60歳以上の傾向と歯磨き粉選び

image2060代になると、5.9本、歯を失っているというデータがあります。(平成23年歯科疾患実態調査)

歯を失う原因としては、歯周病が第1位となっていますが、歯周病を助長させる因子として、歯ぎしりや食いしばりがあります。歯ぎしりや食いしばりが、歯を失う原因として、あまり知られていません。歯ぎしり・食いしばりを予防するには、ナイトガード(マウスピース)を使用する必要があります。このマウスピースに歯磨き粉をつけると、睡眠時の歯周病予防に効果があります。

4. インプラント専用歯磨き粉

現在、インプラント後の歯磨き粉ですが、市販の歯磨き粉で、様々な報告がされています。粒塩歯磨き粉で、インプラントと歯ぐきの間に粒が入り込み炎症を起こしてしまう。研磨剤入りの歯磨き粉で、研磨剤が歯肉に入り込み炎症を起こしてしまうという報告が多数なされていますので、インプラントを行なった後は、研磨剤やつぶ塩の歯磨き粉は、用いないでください。

歯磨き粉に含まれているフッ素がインプラントを腐食し、インプラント周囲の歯ぐきに炎症を起こすという報告がなされるようになりました。フッ素は、歯にはとても良いですが、インプラントにとってはあまり良いものではありまsねん。市販のフッ素入り歯磨き粉での歯ブラシは、避けてください。

4−1. コンクールジェルコートIP

  • 内容量 90gimage21
  • 価格 1000円
  • 特徴:インプラントを腐食するフッ素無配合で、研磨剤も無配合です。インプラントのためのインプラントを考えた歯磨き粉になります。インプラントは、虫歯にはなりませんが、歯周病になりますので、高い殺菌力の塩酸クロルヘキシジンが歯周病菌を殺菌してくれます。また、歯ぐきの炎症を抑えるためのβ−グリチルレチン酸が含まれています。

 

4−2. コンクールF

  • 内容量 100mlimage22
  • 価格 1000円
  • 特徴:浮遊している菌を殺してくれ、その効果が12時間持続します。インプラントを行なった後に、コンクールジェルコートIPと併用することで、さらに効果が高まります。殺菌効果が高い洗口剤になりますので、どの歯磨き粉との組み合わせでも効果が高いと考えます。また、長く愛用されている患者さんが多い製品になります。

 

5. 歯科医師が選ぶ歯磨き粉ベスト10

人によりお口の中の症状は、様々になりますので目的にあった歯磨き粉を選択するのは、もちろんですが、その中でも、総合的に評価してランキングが高いものを選んでみました。

10位. ペリオバスタージェル

image23ペリオバスタージェルは、天然由来成分を用いた歯周病予防の歯磨き粉になります。化学物質を用いたものがほとんどですが、天然の物で作られていますので、アレルギーなどが気になる方は、こちらの歯磨き粉をおすすめします。

 

 

9位. チェックアップ スタンダード

image24 虫歯予防の歯磨き粉になります。虫歯予防の歯磨き粉としては、ロングセラーになり、低発泡・低研磨になり、長時間磨ける歯磨き粉になりますね。

 

 

 

8位. コンクールリペリオ

image6歯周病になってから使用する歯磨き粉になります。歯周病になってしまった歯肉にアプローチして、炎症を予防したり、口臭を防止したりする役割があります。歯周病の歯磨き粉としては、非常に効果の高い歯磨き粉になります。

 

7位. スーパースマイル

歯磨き粉の泡が細かく、汚れ落ちが、普通の歯磨き粉の10倍ありますので、虫歯予防効果が高いですね。また、セラミック治療後には、最適な歯磨き粉になりますね。ハリウッド女優やセレブにも選ばれているアメリカ生まれの歯磨き粉になります。

6位. アパガードリナメル

image3虫歯予防の歯磨き粉としては、トップだと思います。再石灰化を促し歯を強化し、虫歯になりにくい環境を整えてくれる歯磨き粉になります。

虫歯予防という観点でみた場合の評価は、高いですが、他の歯周病などの効果が少ないので、この順位となりました。

 

 

 

5位. システマセンスィティブ

image9知覚過敏用の歯磨き粉になりますが、フッ素による虫歯予防や歯周病を予防する成分も含まれており、総合的に優れている歯磨き粉になります。また、低発泡・低研磨で、長い時間はブラシを行なうことができます。知覚過敏用の歯磨き粉は、総合的にレベルが高い歯磨き粉が多いですね。

 

 

 

4位. バトラーCHXペースト

image5塩酸クロルヘキシジン配合で、歯周病菌を殺菌してくれます。歯周病に対する歯磨き粉としては、非常に効果が高いです。虫歯に対しても925ppmのフッ素が配合されており、虫歯予防の効果も高いです。

 

 

 

 

3位. シュミテクトコンプリートワンEX

image24 知覚過敏を予防するために生まれた歯磨き粉になりますが、虫歯・歯周病・知覚過敏・口臭など様々な予防効果があるのが、この歯磨き粉の特徴です。歯磨き粉のベスト3以内にランクしているものは、虫歯だけ歯周病だけではなく、トータルで予防効果の高い歯磨き粉になります。

 

 

 

2位. メルサージュクリアジェル

フッ素濃度が950ppmと高く、虫歯予防に最適で、しかも、歯周病に対して、ダブルの殺菌成分で、予防を行なってくれます。

ジェルタイプは、もはや上位ランキングに入るためには、必須になりますね。2回法で、歯の汚れをしっかり落としてから、歯にジェルの成分を残す形がベストになります。

1位. コンクールジェルコートF

総合的に評価して、第1位がコンクールジェルコートFになりました。

ジェルタイプの歯磨き粉なので、歯のすみずみまで行きわたり、高い殺菌力で虫歯や歯周病を予防します。フッ素コートで虫歯予防を促し、塩酸クロルヘキシジンで歯周病と1つで2役の優れた歯磨き粉になります。また、ジェルタイプなので、歯に薬剤もとどまりやすく効果がでやすい歯磨き粉になります。

フッ化ナトリュウムも950ppmと虫歯予防としても、申し分ない歯磨き粉です。

まとめ

用途別・年齢別に歯磨き粉の説明を行ないました。人によりお口の中は、様々な症状があり、年齢によって、状態が変わってきます。ドラッグストアなどで、自分で考えて歯磨き粉を選択するのも、良いですが、毎日使用する歯磨き粉ですので、まずは、歯科医院にて自分に合った歯磨き粉を教えてもらい、定期検診の度にお口の中の変化を確認してもらい、歯磨き粉の変更が必要な場合を指示してもらいましょう。

自己流の歯磨き粉の選択は、将来的に歯を失う原因となってしまいます。ドラッグストアの方が、歯科医院の歯磨き粉より安いという理由で、歯磨き粉を選ぶのではなく、自分のお口に1番効果的な歯磨き粉を選択しましょう。