歯のインプラントの相場っていくら?安い方法はある?

歯を抜歯した時に考える処置としてインプラントを考える人も少なからずいるのではないでしょうか。しかし、インプラントは金額が高いというイメージだけが先行してしまってなんとなくやりたくないという人もいるでしょう。

でも実は、しっかりと歯医者さん選びをすれば思っているよりも安い金額で終わらすことも出来ます。では、どれくらいの金額が安くて、どれくらいが高いのでしょうか。

そこで、インプラント料金の相場について紹介しておきます。

 

①歯のインプラント料金の相場について

 

歯のインプラント治療ですが、1本あたりの平均相場は30~50万円となっています。平均価格としては32万5,000円という発表が出ています。歯科医師の技術はもちろん、患者さんによっても治療内容が変わってくるので、だいたいこのくらいはかかると思っておいて間違いありません。

また、インプラントは自由診療になっているのでその歯科医院によって金額は様々です。同じ内容で行ってもある歯医者では30万円でできるインプラントが、別の歯医者だと40万円かかることも多いです。

インプラントを考えている場合は、あらかじめ金額やシステムの内容をチェックしておくことをおすすめします。

また、どうして1本30万円からなのかというとブリッジをする場合、両隣の歯を削ってブリッジするため3本分の治療料金がかかります。自由診療の被せ物は1本10万円が相場と言われていたので、10万円×3本分=30万円となったそうです。

 

②インプラントって医療費控除の対象?

 

確定申告の時期になってくると、1年間に通った病院の領収書を集めて計算します。なぜかというと、10万円以上の医療費を支払った場合、収めた税金の一部が還付金として戻ってくるためです。

これを医療費控除というのですが、自由診療であるインプラント治療も控除の対象になるのでしょうか。結論から先に申し上げますと、インプラント治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。

ただし、

・一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なもの

・容ぼうを美かするための費用

としては対象外となってしまうため、注意が必要です。ただ、欠損歯の治療を目的とした場合においては医療費控除を受けることができるので、必ず確定申告するようにしましょう。

 

2-1 控除金額はどのくらい戻ってくるのか

これに関しては、所得総額と1年間にかかった医療費の額によって変わってくるので、何とも言えませんが、控除される金額は最大で200万円と言われています。

 

2-2 医療費控除には何が含まれるのか

医療費控除を申請する時、インプラント治療にかかった費用の他にも

・医師から処方された薬(予防薬や健康増進の薬は対象外)

・通院のための交通費(バス、電車などの公共交通機関)

も一緒に申請することができます。領収書は全てきちんととっておくようにしましょう。

また、その年に申告し忘れても大丈夫です。5年前までであれば遡って控除を受けることができるので覚えておきましょう。その他、確定申告の方法や分からないことがあれば最寄りの税務署や役所の税金相談課に相談するようにしましょう。

 

③相場以下の激安インプラントってどうなの?

 

一昔前まで、インプラントはすごく高いイメージがありましたが、最近ネット広告などで格安インプラントの案内を見る事がありませんか?上記で、インプラントの相場は1本30~50万円とお話しましたが、1本9万円なんていう広告を見ることもしばしばありますよね。

確かに金額が安いのは、インプラントかブリッジを選択する時の大きなポイントになることは間違いないです。ただ、相場以下の激安インプラントには必ずと言っていいほど落とし穴があるのも事実です。

インプラントを治療している時は全く分からないのですが、インプラントが完了して5年、10年と経っていくとどうでしょうか。変なところにねじが埋め込まれていたり、歯茎と歯の間に変な隙間が生まれたりなど、初めは見た目にも何の問題もなかったインプラントだったけど、どんどん不具合が出てきてしまうことが非常に多いのです。

そうなってしまうと、結局インプラントをやり直さなくてはいけなくなります。ということは、お金もまた掛かってしまい、結果的には総額でかなりの金額を使うということになってしまいます。

歯とは一生付き合っていかなくてはいけません。歯が無ければ、物を噛むこともできないし、食べ物を食べることもできません。また、滑舌も悪くなってしまいます。ですので「こっちの方が安いから」という安易な気持ちで治療を行ってしまうと取り返しの付かないことになってしまいます。

後になって、再治療を行う羽目になったり、さらにお金が掛かるなんてことにならないように歯医者を選ぶ時は十分気を付けなければいけません。

また、例えば「インプラント1本99,800円」という広告があったとしても実際はその金額で終わらないケースがほとんどです。安いなと思って歯科医院に行ったとしても、歯科医から「あなたの歯の場合、〇〇と××が必要なのでさらにプラス△△円かかります」などといわれ、結果的に相場の金額よりさらに増えてしまうなんてこともあります。

こういうのを誇大広告というのですが、残念ながらこういう広告が横行しているのが今の現状です。こんな広告に引っかからないようにするためにも、歯医者選びはとても重要になってきます。必ず信頼のおける歯科医院に頼むようにしましょう。

 

④インプラントのメンテナンス費用は?

 

インプラントは手術が終わったらお終いというものではありません。きちんとメンテナンスをしていくことにより、インプラントの寿命を延ばすことができるのです。

例えばインプラントのメンテナンス怠ってしまうとどうなるのでしょう。

きちんと磨けていなければ、歯垢が溜まってしまい、インプラントの周辺が細菌に感染し、インプラント周囲炎を起こしてしまいます。これが進行してしまうと最悪の場合、インプラントが脱落してしまうこともあるので、メンテナンスは重要です。せっかく、高いお金を支払って埋め込んだインプラントですから、大事にしたいですよね。

そこで、インプラントのメンテナンス費用についてですが、1回のメンテナンスにかかる費用として3,000円~10,000円かかると言われています。実は、インプラントのメンテナンス費用は保険適用外となっているため、これ以上高くなってしまうことも十分あり得ます。

ですので、メンテナンス費用は事前に確認しておいた方が良いでしょう。また、メンテナンス費用は医療費控除の対象となる場合もあります。その場合は、きちんと確定申告すれば還付金が戻ってくるケースもありますので、しっかりチェックしておきましょう。

また、メンテナンスは年に2~3回程度を目安に行います。最初の年は3ケ月に1度と一般的にはなっているので、歯科医院に問い合わせてみましょう。

 

⑤インプラント費用の相場は歯の場所によって違う?

 

インプラントの費用は自由診療となっているため、歯科医院によって金額が違うということはお分かり頂けたと思います。ただ、例えば奥歯と前歯ではインプラントの金額は異なってくるのでしょうか。実は、インプラント治療は埋め込む場所によって難易度が異なっています。難易度が高い場所になればなるほどインプラント診断費が高くなるため、費用もその分高くなるのです。

とくに前歯にインプラントを埋め込むのが一番難易度が高く、審美的なものも関わってくるため、二回手術法が推奨されるケースが多くなります。この場合、さらに費用がかかってしまうということになります。したがって、インプラントを入れる場所によって費用が異なってくるということになってしまいます。

 

以上が、インプラント料金の相場についてのお話となります。

昔に比べてインプラントの費用が安くなってきたとはいえ、まだまだ「安い!」と大声で言える金額ではなく、そこを狙った激安インプラントなども出てきていますが、自分の健康に関係する大切な治療ですので、金額ではなく自分の歯の健康をしっかり考えてくれる歯医者さんを見つけることをお勧めします。