歯を白くする方法・料金(費用)全てを徹底比較しました。

image1以前に比べて、歯を白くしたいと思われる方が、非常に増えました。歯を白くすることにより、第一印象が良くなり、笑顔が増えます。

しかし、歯を白くする方法は、様々あり、ネットを用いて調べてみたけど、何を行って良いのか?どこへ行ったら良いのか?なかなかわからないというのが、現状ではないでしょうか?

今回は、できるだけわかりやすく、歯を白くするホワイトニングについて比較してみましたので、ぜひ、参考にしてみてください。

1、歯を白くする方法の比較

 歯磨き粉
歯の消しゴム
電動歯ブラシ(ソニケア)
歯のクリーニング
ホームホワイトニング
オフィスホワイトニング
デュアルホワイトニング
歯のマニキュア
歯のセラミック
効果⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
特徴毎日行う歯ブラシに、ホワイトニング効果のある歯磨き粉をつけて磨く方法
簡単に言うと砂消しゴムで、歯の表面を削るという感じです。
超音波水流で、歯の表面に付着した汚れを落としてくれます。
歯科医院で、専用の器具を用いて歯をクリーニングする方法で、タバコやお茶などのよる着色汚れを除去し、本来の歯の色を取り戻す方法
自分専用のトレーを作成し、自宅でトレーにホワイトニングの濃度の薄い薬剤を塗布して、装着して漂白する方法
歯科医院にて、ホワイトニング濃度の濃い薬剤を歯に塗布して、漂白する方法
ホームとオフィスホワイトニングを組み合わせて、歯を漂白する方法
歯の表面に爪のマニキュアと同じように、一層ペイントする方法、効果が1ヶ月くらいしかないのがデメリットになる。
歯を削らなきゃいけないというデメリットがあるが、一度、被せてしまえば、歯の変色は少ない。
値段・費用7,000円
540円
17,800円
8,000円1.5万〜2.5万円で、ジェルの本数による
5万円〜10万円
1回8,000円〜
5万円〜15万円
1本1万円〜✖️本数
万円✖️本数
スピード7位
日々の歯磨き粉の1つの成分ですので、効果が出るのに非常に時間がかかる。
2位
歯の表面を砂消しでこする形ですので、着色は、すぐにとれます。
7位
すぐに汚れが落ちるわけではないので、日々使用することで、着色が取れてきます。
2位
その日のうちに着色を除去できる。ただし、着色の度合いにより、回数がかかることがある。
6位
自宅で行うため、漂白の濃度は低い、そのため、白くなるに時間は、かかるが、効果が持続する。
4位
歯科医院で行いますので、資格を持った歯科衛生士が、行ってくれ、1回でそれなりの効果がある
3位
漂白効果が、非常に高く、ホームとオフィスを組み合わせることで、スピードも効果も満足行く結果が得られる。
1位
その日にマニキュアを塗り、色が変わる。回数や時間は、行う本数にもよる。
5位
被せ物をしますので、一気に目的の色まで持っていくことができます。
回数
1回
1〜2回
2〜3ヶ月
1ヶ月
3週間1ヶ月
3〜4回
メリット安全性が高く毎日少量から行うことができる。
歯の表面についたタバコのヤニや茶しぶは、取れやすいです。
歯の表面を傷つけずに着色や汚れを取ることができます。
歯の着色を除去して、歯、本来の天然の白い歯を手に入れることができる。
濃度の低い、過酸化尿素を用いて、中側からゆっくり漂白することができる。
濃度の高い、過酸化水素を用いて、表側から一気に白くすることができる。
ホームで中からオフィスで外からホワイトニンングを行えるので、時間も回数も少なくて済む。
手軽に歯に塗るだけなので、すぐに行うことができる。
セラミックなので、着色がつきにくく、長期間同じ色を保つことができる。
デメリットホワイトニングの効果が弱いので、回数や時間が極端にかかる。研磨剤で白くなるタイプは、また、すぐに着色する。
歯と歯の間の着色汚れは、消しゴムが届かないのでとれません。歯の消しゴムは、一見汚れがとれたように感じますが、ヤスリで削っているのと同じですので、歯の表面は、ガサガサになり、また、すぐに着色がついてしまいます。
着色汚れを1から取る場合は、時間がかかります。
歯を漂白したような白さにはならないので、自分の元々の歯、以上に白くはならない。
濃度が低いので、回数や時間がかかってしまう。また、毎日2週間行って、初めて効果が現れ始める。
歯の厚みや質により、時間がかかることもあるが、一回での効果を実感しやすい。元々の色が濃い人は、回数がかかる時もある。濃度が高いので、しみやすい。
ホームとオフィスの利点と欠点を、カバーしており、漂白としては、現在、一番効果が高い方法だが、費用が高い。
虫歯や歯周病になりやすい、また、1ヶ月くらいではげてきてしまう。
何よりも歯を削るというデメリットがある。一度削った歯は、元に戻らない。
セラミックなので衝撃には弱い。

1−1、歯を白くする歯磨き粉

image23歯を白くする歯磨き粉には、2種類あります。歯の漂白効果のある歯磨き粉と歯の研磨効果のある歯磨き粉があります。

歯の漂白効果のある歯磨き粉は、主に海外で発売されている製品になります。ホームホワイトニングの含まれている過酸化尿素を配合していますので、漂白効果があります。オフィスホワイトニングを行った後に、白い歯を維持するために、使用する方が多いです。

次は、日本で発売されているホワイトニングと表記のある歯磨き粉です。こちらは、研磨剤により歯の着色を落とす製品になります。研磨剤が配合されていますので、一見着色汚れが落ちて歯の表面が綺麗になったように見えますが、歯の表面は、ガサガサになっており、また、着色がつきやすい歯の表面になってしまいます。日本製のホワイトニング表記のある歯磨き粉は、この繰り返しになりますので、使用に注意が必要です。

このように歯を白くするホイトニング効果のある歯磨き粉には、2種類あり歯を漂白して白くする歯磨き粉と研磨剤で歯本来の色を取り戻す歯磨き粉あります。歯科医師が考えるホワイトニングの意味は、前者の歯の漂白効果のある歯磨き粉になりますので、皆さんも、この違いを理解しましょう。

1−2、歯を白くする歯磨き粉を比較

Zahnbürste mit Zahnpasta und Mund mit Klammerアメリカで販売されているホワイトニング効果のある歯磨き粉は、いわゆる歯のホワイトニング(漂白)と同じ成分が含まれています。

日本で販売されているホワイトニングと表記されている歯磨き粉は、ホワイトニング効果はなく、汚れや着色を落とす効果にとどまります。 そのため、日本人のほとんどの方は、ホワイトニングの表記のある歯磨き粉を、漂白効果があると勘違いしています。

 スーパースマイル アクセラレーター
レンブラント ディープリーホワイトコルゲートオプティックホワイト
クレスト3Dホワイト
ライオン ブリリアントモア
シュミテクトホワイトニング
食用炭酸水素ナトリウム(重ソウ)
image2image6image5image7image8image9image10
価格7000円2000円
1500円
1500円
950円
安い
効果⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
研磨剤
極めて少ない
少ない研磨剤なし
研磨剤なし
研磨剤なし
研磨剤あり
多い
容量
102g74g100g116g90g90g?
主成分
過酸化尿素過酸化尿素過酸化尿素過酸化尿素ピロリン酸ナトリウム硝酸カリウム
炭酸水素ナトリウム
生産国
アメリカアメリカアメリカアメリカ日本日本日本
特徴アメリカのセレブやハリウッドスター御用達の歯磨き粉で、ホームホワイトニングと同じ成分が歯磨き粉に含まれている。
カルプロックス(重曹)とフッ素が、歯の表面に付着しているタンパク質の膜であるペリクルを分解してくれ、汚れや色素がつきにくく、通常の歯磨き粉の10倍のプラーク除去効果がある。
ホームホワイトニングの薬剤と同じ成分が含まれており、ホワイトニング後の維持に活躍する歯磨き粉です。
過酸化水素の働きで、エナメル質を傷つけずに、ホワイトニングと同じ成分で、歯を白くします。
 1週間以上使い続けることで、歯が白くなった効果を実感出来る。
ホワイトニングテープで有名なクレスト社のホワイトニング効果のある歯磨き粉になります。
フッ素も配合されており、歯質の強化も行えます。
ピロリン酸ナトリウムがイオンの力で、歯の表面の汚れや着色を浮き上がらせて分解します。
フッ素配合で、歯質の強化も行えます。
知覚過敏で歯がしみるのを防いで、着色汚れを落とします。
シュミテクトの特徴である硝酸カリウムが、冷たいもの刺激を防いでくれます。
重曹は、弱アルカリ性なので、食事をして酸性に傾いたお口の中を中性に戻してくれます。研磨作用が強いですので、ゴシゴシ磨くのではなく、優しく丁寧に磨くのがポイントです。また、磨いた後に、フッ素やMIペースト用いて、再石灰化を促しましょう。

1−3、スーパースマイルアクセラレーター口コミ

  • 以前からホワイトニングを受けている歯医者さんの薦めで使用しているので間違いなく安心でとても良いです。
  • 研磨剤フリー♪
    日本では普通に購入できないのでこちらで購入。スーパースマイルと併用して使用しています。研磨剤が入っていないのに自然な透明感のある色になってきました。ホームホワイトニングはしていません。歯医者さんでホワイトニングをされた方で状態をキープするのにおすすめです。
  • 詳しくは、こちらを参考にしてください。
    https://www.amazon.co.jp/スーパースマイル-ホワイトニング-アクセラレーター-102g入り-歯の漂白に/dp/B009OXFZQ8

1−4、歯磨き粉まとめ

ホワイトニング効果(漂白効果)のある歯磨き粉は、海外製の物になりますね。スーパースマイルアクセラレーターの口コミコメントにもありましたが、前にホワイトニングをおこない、その色を維持するに良い歯磨き粉になりますね。歯を白くする際には、まずは、ホワイトニングをおこない、その白さを維持していくためにホワイトニング効果(漂白効果)の高い歯磨き粉を使用するのが、ベストな方法ですね。

2、歯の消しゴム

image11歯の消しゴムは、私たちが普段使っている消しゴムと非常に似ています。昔、油性ペンなどで書いた文字を消そうとした時に、砂消しを使ったことはありませんか?目が粗い消しゴムで、こすると油性ペンで書いた文字を消せますが、こすった紙も痛みませんでしたか?歯の消しゴムも同じような現象が起きますので、普段からいつも使用するものではありません。

歯について目立つ着色汚れにピンポイントで使用する製品です。歯のかぶせ物が入っている歯には使用しないでください。

2−1、歯の消しゴム比較写真

image1213

歯の消しゴムで、歯の着色汚れを落としてみました。歯の平らな部分は、着色が落ちますが、歯と歯の間の着色は、落ちません。これは、歯の消しゴムが、歯と歯の間には、入りにくいために着色が落とせませんでした。

また、歯の消しゴムで表面をこすった後は、歯がザラザラします。これは、消しゴムでも砂消しに近いもので、歯の表面を削って着色を落としますので、歯の表面がザラザラします。ザラザラした表面をそのままにしていると、また、着色をしますので、その場しのぎの着色除去になります。

2−2、歯の消しゴム口コミ

  • 着色の種類によりますね。
    歯の全体てきにボヤーとある茶色のシミにはほとんど効果なく。歯の表面にまばらにいる濃い茶色のシミには絶大な効果です。人目につく範囲のケアではこれもなかなか。でもやりはじめると、細かいのが気になり・・歯医者にいきたくなります。笑値段もお手ごろなので、一度試してみてもよいと思います。(しろいねこ)
  • まぁやっぱりなと
    とれませんー。とれませんー。アタッチメントもどれもそれほど変わりません・・・。あんなんじゃ細いとこ入りませんし。(なーぎ)
  • ガシガシ汚れが取れる。
    ヤニ汚れ・コーヒー・ワイン等のステイン汚れが面白いように取れる。元々の自分の歯の色が取れて真っ白になる訳ではない。自前の包丁の研ぎ石等を使って調整しないと歯のスキマ等には届かない為、注意してほしい。(ACT)
  • 詳しくは、下記を参考にしてみてください。
    https://www.amazon.co.jp/JDBネットワーク-ステインバスター/dp/B0028RYQQW/ref=pd_lpo_121_bs_img_1?ie=UTF8&psc=1&refRID=X4FZC3PVDW1M0NVFD0WZ

2−3、歯の消しゴムまとめ

歯の消しゴムは、1にも2にも使い過ぎに注意が必要ですね。

ピンポイント汚れには、効果が高いですが、歯の黄ばみには、効果は、ありません。使用しすぎるとかえって、汚れがつきやすい歯の表面になります。

3、超音波歯ブラシ(ソニケア・フレックスケアー・プラチナ・プロフェッショナル)

  • image14-2電動歯ブラシを選択する際に、何が良いですか?と聞かれることがあります。おすすめは、フリップス・ソニケア・フレックスケアー・プラチナ・プロフェッショナルになります。
  • 9通りのブラッシングシステムがあり、その中のホワイトモードは、歯の着色汚れを取り、歯に光沢を与えます。
  • 歯科医院で購入する際は、ブラシを選択でき、ダイヤモンドクリーンは、自然な白い歯に近づける歯ブラシになります。3ヶ月ごとにブラシを交換することで、ブラシの汚れ除去力を維持することができます。

3−1、超音波歯ブラシ(ソニケア・フレックスケアー・プラチナ・プロフェッショナル)の口コミ

  • サッパリします。
    使いはじめて一カ月位経ちますが、歯茎の腫れや出血が、良くなってきました。ブラッシングの強さが変えられるのがとてもいいです。歯も、つるつるになります。これからも使い続けたいです。(necota)
  • 専用ブラシは附属していません
    加齢に伴いやせた歯肉により、歯間にゴミがたまりやすくなり購入。通常の手磨きに加え、週に数回の歯磨きに用いています。製品自体は高性能ですが、用法を誤るとかえって歯や歯肉を痛めるため、専門家の指導を受けるとよいように思います。専用はブラシが附属していないので、別途注文しないとついたその日からは使えませんので、ご注意を!(おとう)
  • やっぱり電動ハブラシはいいですよね
    父がすすめてくれました。使い勝手もよく、問題なしです。価格としては、確かにちょっとお高めですよね。(日進月歩)

3−2、超音波歯ブラシ(ソニケア・フレックスケアー・プラチナ・プロフェッショナル)まとめ

超音波歯ブラシの中で、歯を白くする効果の高いソニケア・フレックスケアー・プラチナ・プロフェッショナルですが、歯本来の色にする効果になります。歯のホワイトニング効果・漂白効果は、ありませんので、ホワイトニングを行った後に、色を維持していく歯ブラシとして、使用すると良いかと思います。

4、歯のクリーニング

歯のクリーニングは、歯の表面に付着している汚れをきれいに落としてあげることです。歯のホワイトニングは、歯を漂白することで歯の色を白くすることです。患者さんの中には、クリーニングとホワイトニングを同じだと思っている人もいらっしゃいますので、ここで違いを理解しましょう。

クリーニングで行う内容は、歯石除去・歯の表面研磨になります。最後にフッ素塗布を行い歯質の強化を行ってくれる歯科医院もあります。現在、歯の表面の着色除去を目的としたクリーニングは、保険ではなく、自費診療になるというお達しが、厚生労働省の方より出ていますので、歯周病などの病名がつかない治療は、保険外でのクリーニングとなります。

4−1、歯のクリーニング写真

image1516
  • 向かって左側の写真では、タバコかお茶による着色が、歯の表面に付着しています。この着色を落とすには、以下の流れを行います。
  • 歯石除去(歯肉の上の歯石除去)
  • ジェット(歯と歯の間の着色除去)
  • PMTC(表面研磨)
  • フッ素コーティング(歯のパック)
  • 向かって右側の写真では、着色がとれただけではなく、歯の表面に光沢が生まれているのがわかるかと思います。このクリーニングは、ご自宅ではできないクリーニングになります。

4−2、歯のクリーニングを比較

歯医者さんからは、定期的に歯科医院でクリーニングを受けてくださいと言われたけど、気づいたらもう5年も経っていたなんてことは、結構ザラですね。歯のクリーニングは、痛いものだとかホワイトニングと勘違いされている方もいらっしゃいます。歯のクリーニングの違いに関して、わかりやすく比較してみましたので、参考にしてくださいね。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
ジェットポリッシャー
SC(スケーリング)
SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
料金5000円
5000円
保険適応(全額で3000円程度)
保険適応(全額で10000円程度)
痛み
なしまれに歯肉に感じる
年数が経ち硬くなった歯石を除去する際に感じる。
麻酔を行い、痛みを感じないようにして行う。
白さ効果
歯本来の色へ
歯本来の色へ
色は変わらない
色は変わらない
特徴プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略をPMTCと呼びます。日本語訳しますと専門家による機械的な歯の清掃です。
歯の表面や間には、歯ブラシでは落とすことのできないバイオフィルム(細菌の塊)が付着します。このバイオフィルムが、虫歯や歯周病の原因となっていることがわかっていますので、歯科衛生士によるプロの機械的な清掃が3ヶ月に1度必要と言われています。PMTCは、数種類の研磨剤を用いて、歯の表面をツルツルに磨きあげ、細菌が付きにくい環境を作ります。
歯の表面を削ることなく、ジェット噴射により、歯の表面の着色を除去します。重炭酸水素ナトリウムと塩化カリウムの粒を水と一緒に噴射させて、汚れを落とします。ジェットポリッシャーの利点としましては、歯と歯の間の器具が届かない部分の汚れを取るのに適しています。タバコやワインなどの汚れを落とすには、もってこいのクリーニングです。
スケーリングは、歯肉の上の歯石を除去する治療になります。歯石自体が歯周病の原因ではありませんが、歯石は、歯周病菌の住みかになりますので、放っておくと歯周病菌の温床となります。そのために定期的に除去する必要があります。歯石も出来立ての頃は、柔らかいですが、日に日に硬くなっていきます。硬くなればなるほど除去するのが大変になりますので、半年に1度は、除去してもらいましょう。
SRPは、歯肉の下に付いた歯石を除去する治療になります。歯肉の上の歯石は、唾液由来ですので、色が白いです。それに比べて、歯肉の下の歯石は、血液由来で黒色の歯石になります。麻酔を行い、歯肉の下の中にある歯石をスケーラーという器具を用いて歯の歯根の面に沿って歯石除去していきます。麻酔を行いますので、痛みは、ほとんど感じませんが、ゴリゴリと良い感じではないです。定期的に歯石除去を行い、SRPが必要な状態にならないようにしましょう。

4−3、歯のクリーニングまとめ

  • 歯科医院で行うクリーンニングは、歯科衛生士のプロにより、行われる治療になります。歯の歯肉の上に付着した歯石や着色を専用の器具を用いてクリーニングしてくれます。
  • 歯の着色を落とすにしても、数種類の研磨剤を用いて、着色を丁寧に落とし、歯の面をツルツルに戻してくれます。
  • ほとんどの歯科医院では、最後にフッ素コーティングをおこない、歯のパックをして、歯質の強化をおこなってくれます。

5、ホームホワイトニング

image17歯科医院で、家でホワイトニングをおこなうためのトレーを作製し、ジェル濃度を選択して始めます。

始めは、ジェル濃度の低いものを選択し、しみないのを確認しながら、濃度の濃いジェルを選択します。人により歯の厚みやしみやすさが違いますので、自分に合った濃度を探すのがポイントになります。

ホームホワイトニングは、約2週間毎日使用すると歯の色の違いに変化が見られます。これは、濃度の低い薬剤を用いているために、すぐに効果が現れないためですが、これが後戻りしない秘訣にもなります。濃度の強いオフィスホワイトニングは、効果は、現れやすいですが、後戻りしやすいというデメリットもあります。ホームもオフィスもおこなうデュアルホワイトニングは、どちらの効果も見込めますので、早くそして、長く白い状態を維持できます。

5−1、ホームホワイトニングを比較

image18各歯科医院によって、選択しているホームホワイトニングのメーカーが違います。また、ホームホワイトニングのメーカーも世界には、多数あります。今回は、ホームホワイトニングとして、以前から有名なメーカーに関して、比較してみましたので、是非、参考にしてください。

 オパールエッセンス
GC Tion
Nigte White ACP
Day White ACP
image19image20image22image21
生産国
アメリカ製
日本製
アメリカ製
アメリカ製
濃度
10%,15%,20%,35%
10%
22%,16%,10%
38%,14%,9%
装着時間
120分
120分
4〜6時間
4〜6時間
値段
15000円(税別)
12000円(税別)
15000円(税別)
15000円(税別)
特徴
オパールエッセンスは、ジェルの粘性が強く、トレーから垂れないのが、1つの特徴です。ホワイトニングに関して、DRフィッシャを中心にウルトラデントという会社を立ち上げ、鹿治療に用いられるプロダクツを作り続けてきた会社になります。濃度の種類がたくさんありますので、選択肢が広いです。
ホームホワイトニングのジェルの色が白色なので、歯肉にはみ出た際に、わかりやすい工夫がされています。日本社のGCが日本人向けに開発したホワイトニングシステムになります。外人に比べて歯が小さく、歯が薄い傾向にある日本人向けに開発されており、濃度が低いのも特徴かもしれません。
夜間の装着をするタイプのホームホワイトニングです。昔は、寝ている間に行うのが、普通でしたが、最近では、ほとんどが日中の起きている時間に行うようになりました。7から10日で6シェードアップすると書かれていますが、個人的には、もう少しかかると思います。
こちらデイホワイトで、日中に行うホームホワイトニングになります。DISCUS社が開発した。ACP配合(リン酸カルシュウム)が、配合されたホワイトニング剤で、歯のエナメル質を、ハイドロキシアパタイトで修復して、知覚過敏を抑制する効果があります。

5−2、ホームホワイトニングまとめ

最近の流れとしては、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行うデュアルホワイトニングが多く行われるようにっています。理由としましては、両方の利点と欠点を補い、効果的にスピーディーに歯を白くすることができるからです。そのため、ホームホワイトニングだけ行われる方は、少なくなっています。どうしても、ホームホワイトニングだけですと時間がかかるために、途中で断念される方が多いからです。オススメとしては、デュアルホワイトニングで、ある一定の白さまで持って行き、その後にホームホワイトニングで維持をしていく方法が良いと思います。

6、オフィスホワイトニング

image23歯科医院で行うホワイトニングをオフィスホワイトニングと呼びます。過酸化水素を用いて歯の漂白を行います。オフィスホワイトニングは、短期間で効果が現れるので、モチベーションも上がり、効果を実感しやすいです。また、以前のオフィスホワイトニングに比べて、しみにくくなっておりますので、行った後も、しみて痛いという感覚は、少ないと思います。

6−1、オフィスホワイトニング写真

image2425

写真は、上アゴがオフィスホワイトニングを用いてホワイトニングを行い、下アゴは、スーパースマイルアクセラレーターを用いて歯磨きをしてもらった1ヶ月後の写真になります。

上アゴは、オフィスホワイトニングをおこなったので、非常に白くなっていますね。下アゴは、矯正装置がついているので、過酸化尿素配合の歯磨き粉で、毎日、磨いてもらっただけですが、結構白くなっているのが、おわかりいただけるかと思います。

歯本来の色からもっと白い歯の色を手に入れようとした場合は、歯を白くする漂白効果の高いオフィスホワイトニングが有効です。その後の色戻りを防止するために、漂白効果のある歯磨き粉(スーパースマイルアクセラレーター)を使用するともっと効果的ですね。

6−2、オフィスホワイトニングの比較

  • 歯科医院にて、歯科衛生士や歯科医師による施術となります。高濃度の薬剤(過酸化水素)で漂白しますので、効果を実感しやすいのが特徴です。
  • 現在、オフィスホワイトニングとポリリンホワイトニングの2つが主流となっております。今回は、この2つに関して、徹底比較をしたいと思います。
 オフィスホワイトニング
ポリリンホワイトニング
痛みしみやすいしみにくい
白さ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️⭐️
漂白効果
ありあり
すりガラス効果
ありなし
色戻りしみやすいしみにくい
食事24時間後から可能(色が強いもの)
すぐに可能
施術時間
60分
50分
歯質強化
できない
できる
回数(A1シェードまでの通院回数)
2から3回
2から3回
特徴
オフィスホワイトニングは、以前より行われているホワイトニング方法になりますが、だいぶ進化をしており、しみなくなり、白くなる度合いも早くなっています。白さを追求するとなると、漂白効果➕すりガラス効果のあるオフィスホワイトニングに部があります。
ポリリンホワイトニングは、しみなくすぐに食事も食べれるし、歯質の強化も出来、画期的なホワイトニングですが、白さを追求するとなるとオフィスホワイトニングに部があります。オフィスホワイトニングを行った後に、維持していくためにポリリンホワイトニングは、ありかと思います。

6−3、オフィスホワイトニングまとめ

歯を白くする方法の中で、やはり1番効果を実感しやすいのは、オフィスホワイトニングなりますね。オフィスホワイトニングを行い、歯の表面を白くして、ホームホワイトニングを行い、歯の内面から白くするホームホワイトニングを行う、デュアルホワイトニングがベストになりますが、人によっては、オフィスホワイトニングだけで満足される方も多いくらいです。

7、歯のマネキュア

image26-2歯のマネキュアとしては、ハニックDCシリーズが有名ですね。

サッと塗るだけで良いので、お手軽感があります。しかし、すぐに取れてしまうというデメリットもあります。

値段は、1,800円ですので、お求め安いと思います。ここぞというイベントの際に、使用するにはもってこいだと思います。

7−1、歯のマネキュア写真

image27市販の歯のマネキュアを写真向かって右1番目と2番目の歯に行ってみました。左側の歯に比べると白いですね。しかし、すぐに取れてしまうのが、難点かもです。歯科医院で行う歯のマネキュアは、もう少し厚く綺麗に仕上げることができます。

歯のマネキュアは、近くで見なければ、歯が白い印象を残すことができます。歯のマネキュアは、短期間のみのイベントである結婚式などで、行うと良いかもしれません。

歯のマネキュアまとめ

歯のマネキュアは、即効性があります。結婚式や写真撮影などのイベント時に使用するのは、ありだと思います。市販の歯のマネキュアは、使用後も歯ブラシをするとはがれますので、問題ないのですが、歯科医院で行った歯のマネキュアは、歯ブラシをしても取れません。そのため、放置しておくと一部分が取れ、虫歯や歯周病の原因になりやすいです。

8、歯のセラミック

image28歯のセラミクは、オールセラミックという、すべてがセラミックの素材でできたものが、主流になっています。少し前までは、強度の観点から金属の上にセラミックを焼き付けるメタルボンドクラウンが主流でしたが、強度の上がったジルコニアオールセラミックが、主流になっています。

金属アレルギーの観点から考えても、現在は、メタルボンドではなく、ジルコニアオールセラミックが主流です。

8ー1、歯のセラミック写真

image2930

写真は、向かって左側が保険のかぶせ物、右側がオールセラミックの被せ物になります。

保険のかぶせ物は、色が黄色く単色です。

オールセラミックのかぶせ物は、色が白く透明感があります。これは、プラスティックとセラミックの違いになります。セラミックは、変色も少なく長期に渡ってお口の中で機能しますので、非常に優れた材料ですね。どれくらい持つのかというと、患者さんの歯ブラシにもよりますが、10〜20年は、お口の中で機能してくれます。ただし、3〜4カ月に1度の定期的なクリーニングが必須になります。

オールセラミックのかぶせ物は、非常に良いものですが、歯を削らなきゃならないという最大のデメリットがあります。

歯のセラミックまとめ

歯のセラミックの主流は、メタルボンドクラウンからジルコニアボンドクラウンへ、変わってきています。金属を用いずに、ジルコニアという強度の高いセラッミックに、セラミックを盛り上げて、見た目も強度も良いものとなりました。

セラミックで白い歯を手に入れたら、その後のメンテナンスが重要になりますので、定期検診に通うのを、忘れないようにしましょう。

9、ホワイトニング専門歯科医院を比較

色々あるホワイトニング専門医院を徹底比較してみました。結局、どこが良いのか?どこが自分に合っているのか?どこに行ったら良いのか?見つけてみましょう。ホワイトニングの費用に関しても、調べてみましたので参考にしてください。

 ホワイトエッセンス
スターホワイトニング
ミュゼホワイトニング
フランジュールデンタルクリニック
ホワイトニングバー
方法オフィスホワイトニングオフィスホワイトニングポリリン酸ホワイトニング
オフィスホワイトニングセルフホワイトニング
効果⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
利点しみやすいしみやすいしみにくい滲みやすい
しみやすい
施設歯科医院
歯科医院
歯科医院
歯科医院
歯科医院ではない
雰囲気
上質な空間(個室)
綺麗な内装(半個室)
綺麗な内装(個室ではない)
上品な内装(個室あり)
綺麗な内装(個室ではない)
費用1回オフィスホワイトニング8,000円税別
1回2500円
1本500円
(前歯12本✖️500円=6,000円税別
トライアルプラチナホワイトニング (20本)21,000円
1回コース4980円
1回の効果
約3〜5段階アップ



施術者
歯科衛生士、歯科医師
歯科衛生士、歯科医師
歯科衛生士、歯科医師
歯科衛生士、歯科医師
全て自分
返金保障制度
ありありなしなし
オプション
ジェットクリーニング&色戻り防止仕上げ2000円税別
?クリーニング(表側のみ)3000円税別
ティースクリーニンング6本ごとに¥3,240追加(1本)¥1,080
初回電動歯ブラシをプレゼント
ナノアパタイトコート研磨1000円税別
ティースクリーニンング+スケーリング6本ごとに¥5,400追加(1本)¥1,620
ホワイトニング追加(中奥歯8本まで)1本500円
コースメニュー
年間通い放題コース(有効期限1年)
会員様価格300000円(税抜)
・ベーシックホワイトニング、プレミアムホワイトニング、ホワイトエッセンスクリーニング、オーラルリフレクソロジー、プラセンタ導入
(毎月4施術を限度として受け放題)
・ホームホワイトニング(約2か月分)
LEDライト2回照射(30分)4800円
スタンダードセット(20本)
12000円(税別)
・ポリリンホワイトニング
・ポリリントリートメント
プラチナホワイトニング(20本・40分)¥36,500
6回コース
27600円(税込)2280円の割引
LEDライト照射1回あたり5分追加
白さ結果保証コース(有効期限6ヶ月)
会員様価格96491円(税抜)
・プレミアムホワイトニング(3回)
・ホワイトエッセンスクリーニング(2回)
・ホームホワイトニング(約2か月分)
・ホームケア用品一式
LEDライト3回照射(40分)6900円
プレミアムセット(16本、20本)
11700円、13000円
・クリーニング(表側のみ)
・ポリリンホワイトニング
・ポリリントリートメント
プラチナホワイトニング(20本・60分)¥47,500
9回コース
39600円(税込)5220円の割引
LEDライト照射1回あたり5分追加
新・パーフェクトホワイトニングコース(有効期限6ヶ月)
会員様価格72945円(税抜)
・プレミアムホワイトニング(3回)
・ホワイトエッセンスクリーニング(1回)
・ホームホワイトニング(約1か月分)
まとめてコース(16本)
4回27360円(税別)
6回40608円‘税別)
プラチナホワイトニング(20本・40分)+ホームホワイトニング¥77,500
12回コース
49200円(税込)10560円の割引
LEDライト照射1回あたり5分追加
まとめてコース(20本)
4回34200円(税別)
6回50760円‘税別)
プラチナホワイトニング(20本・60分)+ホームホワイトニング¥88,700
128コース
72000円(税込)17640円の割引
LEDライト照射1回あたり5分追加
URLホワイトエッセンス渋谷スターホワイトニング

ミュゼホワイトニング
フランシュールデンタルクリニック
ホワイトニングバー

特徴
全国ナンバー1のホワイトニング実績があり、金額も相場の半額以下で、認定試験をパスした歯科衛生士による施術を受けられる。確実に白くしたならホワイトエッッセンスがオススメです。
コース設定などは、行わずに結果を出す、お客様目線のホワイトニングを行っている。患者目線を、追求している部分は、素晴らしいですね。
言わずと知れたエステで有名なミュゼが、歯のホワイトニングもプロヂュースした形です。ポリリン酸ホワイトニングでどこまで白くなるかですが、効果としてはあと一歩かもです。
オフィスホワイトニングを中心として、ホームホワイトニングとの組み合わせもあり、白さを得るための施術を行っています。
ホワイトニングバーは、セルフホワイトニングですので、歯を漂白する薬剤は使えません。そのため、元の自分の歯の白さに戻すことはできても、そこから漂白する効果はありません。

9−1、どこまで白くかで方法も行くところも変わる。

image31
 ホワイトニング
クリーニング
歯磨き粉
専門店
ブリーチシェード
デュアルホワイトニング
スケーリング、
PMTC、ジェットポリッシャー
スーパースマイルアクセラレーター
ホワイトエッセンス
A1シェード
オフィスホワイトニング
スケーリング、
PMTC、ジェットポリッシャー
スーパースマイルアクセラレーター
スターホワイトニング
ミュゼホワイトニング
A2シェード
ホームホワイトニング
スケーリング、
PMTC、ジェットポリッシャー
ブリリアントモア
ミュゼホワイトニング
A3シェード(日本人平均)
なしスケーリング、
PMTC、ジェットポリッシャー
ブリリアントモア
ホワイトニングバー

まとめ

歯を白くする方法は、様々あります。しかし、人により予算や時間や白くしたい程度が異なります。自分に合った歯を白くするホワイトニング方法を見つけてください。それぞれの方法には、メリット・デメリットがあります。そちらをまず理解してから選択する必要がありますね。

歯を白くすることは、第一印象を変えるだけではなく、その人の性格まで変えると言われています。活発に人生を楽しく過ごそうと思ったら、是非、トライしてみてください。