あなたの虫歯はどのくらい?5つの症状で虫歯の大きさチェック!

皆さん、こんにちは。渋谷歯科タナカ、歯科医師の佐藤です。突然ですが、歯医者さんに最後に行ったのはいつですか?

2年ぶり、3年ぶり・・・

下手すりゃ10年は行ってない!

なんて人も多いのではないでしょうか。

以前、通っていたけどキャンセルしてしまって行きにくくなってしまった。

あるいは、痛みがなくなってそのままにしてしまっている人も少なくありません。

そんな時に・・・

ズキッッッッッッ!!

歯が痛んだ気がした・・・

少しすると落ち着いてきて

「なーんだ気のせいか!」

なんて余裕をかましてしたら

またまた

ズキッッッッッッッッッッッッッ!!!

どうやら気のせいではないみたい・・・。

と落胆しつつ歯医者に行かなきゃいけない憂鬱な気持ち。

歯医者の僕でもよくわかります。

そんな人は必見です。

今の自分の虫歯はどのくらいの症状なのか?

自分でチェックしてみましょう!

1、歯の構造

image1歯の構造は、エナメル質、象牙質、歯髄(歯の神経)の3層構造になっています。

進行度合いによって、症状も異なり、処置方法も変わってきます。

1−1、虫歯の具合って?

  • 虫歯の進行状況には大きく分けて5つの段階があります。
  • それぞれに、症状の違いもありますので、ご自身の感じていらっしゃる症状と比べてみてください。

1−2、虫歯の症状って?

  • 虫歯の症状は基本的には「痛い!」という感覚です。image2
  • 歯の神経には痛みを感じる機能があり、この神経の感覚が警告を出すことで歯を守っていると言えます。
  • なので、固いものを噛んでしまったり、すごく冷たいものを飲んだり食べたりすると、「痛い!」という感覚が働いて、口がパッと開きますよね?
  • 虫歯になった時に重要なのは、「何をした時に痛みが出ているか」です。
  • まずは虫歯になった時にどのような痛みが出るのかお伝えします。

1−3、虫歯で歯が痛い時の症状一覧

  1. image3冷たいものが凍みる(冷痛)
  2. ②温かいものが凍みる(温痛)
  3. ③甘いものが凍みる
  4. ④固いものを噛むと痛い
  5. ⑤何もしなくても痛い
  6. ⑥夜寝る時に痛い(夜間痛)
  7. ⑦お風呂に入ると痛い
  8. このような痛みがある時は虫歯の可能性があります!
  9. そのままにしておくと、痛みは強くなり、痛む時間が一瞬だったものがだんだんと長くなっていきます。

ズキズキと何もしなくても痛むようになると、もう止まりません。

2、虫歯はどんどん進行するもの!

  • image4虫歯になりかけている初期の時期を過ぎると、虫歯は少しずつ進行してしまうものです。
  • 進行の速度は乳歯や、生え変わりで生えたばかりの永久歯は特に速く、年齢を重ねるほど遅くなっていきます。
  • しかし、20代、30代の虫歯の進行速度はまだまだ速いと言えるでしょう。
  • では、虫歯の大きさでどのような症状が出てくるのかご紹介します。

2−1、虫歯になりかけている!

  • image5虫歯になりかけている段階を初期齲蝕(うしょく)、C0と言います。
  • この段階では、まだ症状もなく治療も必要としません。
  • 今後、この虫歯が進んでしまうかどうかはあなた次第です!
  • 歯の表面に汚れを溜め込まないことで進行を防ぐことができます。
  • 唾液の作用などもありますが、これを再石灰化と言います。

2−2、軽い虫歯

  • image6少し進んだ虫歯の状態をエナメル質齲蝕、C1と言います。
  • エナメル質という、歯の1層目まで進行した虫歯です。
  • 症状は無いことが多いですが、少しずつ冷たいもの、甘いものが凍みてきます。

 2−3、少し進行した虫歯

  • image7エナメル質から象牙質という2層目まで進んだ虫歯を象牙質齲蝕、C2と言います。
  • 症状は冷たいものを飲んだり食べたりするとキーンと凍みる痛みがあります。
  • この時には物を噛むと痛いという痛みも出てくることもあります。
  • 歯は虫歯が大きくなってきたことをあなたに教えてくれているのです!
  • 早めに歯医者さんに行きましょう!

2−4、何もしなくても痛い虫歯

  • image8何もしなくても痛い虫歯は、虫歯が進行しすぎて3層目の歯髄まで到ってしまったケースです。
  • これを、歯髄炎、C3と言います。
  • 冷たいものが凍みていたけど、今度は温かいものも凍みてきた!という時は歯髄炎の予兆が出ています。
  • この場合、痛み止めを飲んでも効かなかったり、夜も痛くて眠れないなんてことも起きがちです。
  • 体温が上がるような、入浴時には血流が良くなることで歯の痛みにつながることもあります。
  • 歯はあなたに警告を出しています!すぐに歯医者さんに行ったほうがいいでしょう。

2−5、痛みを通り越した虫歯

  • image9何もしなくても痛い虫歯を通り越すと、痛みは無くなります。
  • それは歯の神経、歯髄が死んでしまうからです。
  • しかし、その歯は欠けてしまったり、虫歯が大きすぎて抜歯になってしまうことが多いです。
  • この状態を歯冠崩壊、残根状態、C4と言います。
  • 「痛くないし、抜かれるならこのままでいいや!」というわけではありません。
  • 虫歯はどんどん進行し、虫歯菌は歯を支える骨(歯槽骨)まで達すると骨髄炎となり、虫歯菌が血流に流れ出すと死に至るケースも報告されています。
  • 虫歯も侮れません。怖い病気ですね。

3、虫歯は治しましょう!

  • image10言われなくたって分かってるよ!
  • なんて、怒りの声もあるかもしれませんね。
  • でも、色々な事情で歯を治せない人も多いはずです。
  • 痛いのが怖い、キーンという音が怖い、独特な臭いが嫌い、歯医者に過去のトラウマがある etc…
  • 歯科医院は元々みなさんから好かれていません。
  • 残念なことですが。
  • しかし、少しでも患者様に心地よく治療を受けていただくために歯科医院も変わってきております!

3−1、虫歯の無痛治療

  • image11虫歯を痛みなく治せるの!?
  • 痛く治療されるよりも、痛みなく治療してもらった方が良いに決まってますよね。
  • 基本的に虫歯治療は虫歯を取り除かなくてはいけません。
  • みなさんのご想像の通り、例のドリルで削るんです。
  • 痛みなく虫歯を取る方法をご紹介します。

3−1−1、麻酔を痛みなく行う

  • image12麻酔を痛みなく行うには、まずは表面麻酔です。
  • 虫歯の近くの歯茎にクリーム状の表面麻酔薬を塗ると少しずつ歯茎がピリピリと痺れてきます。
  • そうすると、麻酔をするときのチクッとする痛みも抑えられます。

 

3−1−2、電動麻酔器を使う

  • image13従来から使われていた手動の麻酔器は、麻酔液を押し出す力加減が難しく、ググッと押される感じがするものです。
  • 電動麻酔器は少しずつ、適量を押し出すことができるので、ググッと押される不快感は改善されます。

3−1−3、麻酔の針も細いもの

  • image14みなさん、夏になると気づかないうちに「蚊に刺されてた!」なんて経験はありませんか?
  • 蚊のような小さくて細い口でも皮膚には刺さりますよね。
  • 歯科で用いる針も徐々に細くなっています。
  • 世界最細の針は34G(ゲージ)のものです。
  • 麻酔時の痛みに気を使う先生はもちろん34Gの針を使っていると思いますよ!

3−2、歯医者の音が大っ嫌い

  • image15麻酔が痛みなく終わった!と思ったら、次はキーンという音が嫌!という方もいらっしゃいますよね?
  • そんな時は音をシャットアウトしてしまえばいいんです。
  • ご自身の落ち着く音楽があればイヤホンをしちゃいましょう!
  • 今ではヘッドホンを貸し出している歯科医院もありますよ。
  • ご自身のイヤホンをする時は先生に一度おことわりしてからにしましょうね。
  • あと、一番大事なことですが、先生の声は聞き取れるくらいの音量にしましょうね!

3−3、歯医者は薬品臭いイメージ

  • image16歯医者さんって独特な臭いがありますよね。
  • なんか、あの臭いを嗅いだだけで嫌な思い出が甦ってきますね。
  • 臭いは思い出をフラッシュバックさせるものです。
  • 昔、付き合ってた相手のしていた香水・・・とか。
  • よく言いますよね。
  • 歯科医院もそんな嫌な思い出が甦らないように、臭いにも気をつけている歯医者さんはあります。
  • 受付にアロマが置いてあると待っている間も良い香りで落ち着いて待っていられそうですよね。

3−4、過去のトラウマが怖すぎる

  • image17歯科医院に良い思い出がある人は少ないです。
  • でも、「この歯科医院に出会って良かった!」という思いをしている人もいます。
  • 自分自身もそういう思いをしたいものですよね。
  • 明るいスタッフ、コミュニケーションの取れる先生、しっかりとした説明。
  • ご自身にあった歯科医院はきっとあるはずです!
  • そこで、トラウマを克服したら生涯歯で困ることがなくなるかもしれませんね。

 まとめ

  • image18虫歯は放っておくのが一番良くありません。
  • 知らず知らずのうちに、とんでもないことになってしまうこともあります。
  • 虫歯にならないようにしっかり歯磨きをして、自分の歯磨きがしっかりできているのか歯医者さんに診てもらうのが良いと思います。
  • 結局は磨き残しが虫歯につながっていきます。
  • 歯科検診は3か月に一度のペースをお勧めします。