患者さんの本音!!歯科医師に求める5つのこと

image4

突然ですが、みなさんは、患者さんの本音を聞き出せていますか?

患者さんが何を期待して歯科医院に足を運んでくれているか分かっていますか?

ギクっとした先生方は多いのではないでしょうか。

ここでは、患者さんが歯科医師にどういったことを求めて期待しているのか患者さんのリアルな声をまとめています。

特に若い先生方には是非目を通していただいて、これからの輝かしい歯科医師人生を歩んでいくためのヒントになればと思います。

1. 腕が良いこと

image1これは患者さんが歯医者さんにまず第一に求めることですね。

私たち歯科医師はプロフェッショナルである以上、高い専門的な知識と技術を兼ね備えていなければなりません。

そのためにも私たちは幅広い知識を得るために勉強し、日々質のいい治療をしていくための努力をする義務があるのです。

また、治療技術や機器、歯科材料は常にバージョンアップされ新しいものがどんどん更新されています。

そうした情報にも敏感にアンテナを立て、ニーズに応じては取り入れていく必要があります。

長い学生期間を経て、もう座学は卒業かななんて思っている人がいるかもしれません。

むしろ、勉強しなければいけないことは歯科医師になってからのが多いように感じます。まさに医療とは生涯勉強なのです。

 

2. しっかりとした説明をしてくれる

image2「治療中なにをやっているかわからぬまま、気付いたら削られていた。」「特に説明もなしに歯を抜かれた。」

こんな患者さまからの声が実はものすごく多いです。

歯科医院で起こるトラブルの多くが実はこういった説明不足にあるのです。

専門的な言葉を使わずに、しっかりと治療内容とプランを説明し理解していただくことで患者さんも安心感が生まれます。

患者さま向けの説明用のツールとして、冊子を渡したり、医院のホームページを充実させたものにするというのも一つのやり方ですね。

くれぐれも歯科界の常識は、患者さんにとっては非常識ということをお忘れなく。

 

3.  思いやり、優しさ

image3世間一般の歯科医院の印象は、「痛い」「音が恐い」「臭い」などどうしてもネガティヴなイメージが先行しがちです。

歯科医院に来る患者さんは、こうしたマイナスの感情を少なからず持っている方ばかりです。

この不安を少しでも払拭するためにも、やはり対応というのは大事になってきます。

場を和ませるための世間話、ちょっとした気配りや声がけでもなんでもいいのです。

その人の立場に立ち、自分の家族や友達や恋人と接するような対応が安心感を生むのです。

 

4. お待たせしないこと

image4患者さんの中には、仕事の合間をぬって来たり、お子さんを預けている間に来たり、中には遠方からはるばるいらっしゃる方もいるかと思います。

患者さんひとりひとりに生活があり、貴重な時間を割いて歯科医院に来院しています。

約束した時間を過ぎても受付でお待たせしたり、診療時間を大幅に伸ばしたりすることは、患者さんの時間を奪っていることになります。

恋人とのデートや友人との待ち合わせや取引先との面会など、時間にルーズな人は信用できませんよね。つまりはそれと同じことなのです。

 

5. 清潔感があること

image5 人は見た目が9割と言われており、第一印象で抱いたイメージは3か月間変わらないそうです。

見た目が不潔でヨレヨレの白衣を着ているDRと清潔感がありしっかりとした身だしなみをしているDRとでどちらが説得力が増すかはお分かりですよね。

第一印象でマイナスの印象をプラスに変えるのはほぼ不可能と言われています。はじめからプラスの印象を相手に与えられるようにすることが大事なのです。

 

まとめ

image65つの項目を読んでみて、どう感じましたか。

患者さんに選ばれる歯科医師になるためには患者さんの欲求をしっかりと把握し、対応することが必要になってきます。

是非、患者さんの心をがっちり鷲掴みにし、感謝、感動を持ってもらえるような歯科医師を目指していきましょう!