若手歯科医師が成長するための4つの基礎力

できるビジネスマンは必ずと言っていいいほど、仕事の基礎をしっかりと身につけています。

これは、歯科医師に置いても同じことであり、社会に出てからの最初の数年間の過ごし方が今後の歯科医師人生に大きな影響を与えることになるでしょう。

では、新人DRに是非身につけて頂きたい4つの基礎力について話していきたいと思います。

1. 信頼される人間であれ

1−1. 謙虚に誠実に

image1当たり前のことだと思う方もいらっしゃるかと思いますが、こうした姿勢でいることが全てに優先することなのです。

先輩や上司からいただいた言葉を素直に取り入れ、心を込めて相手のことを思いやる。そういった姿勢を持つことが周りから信頼をされ愛される人になる第一歩なのである。

 

1−2. 挨拶に始まり挨拶に終わる

image2あいさつは人間関係の基本となります。あいさつをすることでコミュニケーションをとる糸口となり、人間関係を円滑なものへとしていきます。

是非、皆さんも今日から院長、スタッフ、患者様に気持ちの良いあいさつを実践していきましょう。

 

2. 学び続けること

2−1. 尊敬できる人を持つ

「この人となら・・」「この人についていきたい」そう思えるような人を一人でも見つけましょう。

新人時代にお手本となる人を見つけ、どれだけ真似をして、吸収できるかで成長スピードがずっと変わってきます。

学ぶことこそ真似ることなのです。

2−2. 自己投資を惜しまない

image3若手DRのうちは、自由に使えるお金もあまり多くはなく、日々の仕事に追われて、なかなか時間を作れないことも多いでしょう。しかし、そこで言い訳ばかりして行動しないとそこで成長は止まってしまいます。

セミナーに参加してみるでもいいですし、人脈作りのために飲み会に参加するでもいいですし、自分自身を豊かにするために旅行なんかも立派な自己投資です。

是非、若いうちだからこそ自分を磨くために自己投資を積極的に行うようにしましょう。

3. 主体的に動く

3−1. つまらない仕事はない

  • image4若手DRのうちは、院長や先輩から、雑用や単純作業を頼まれることが多いかと思います。
  • そんな時に与えられた仕事を拒否したり、雑にこなしてしまうと、実は次につながるチャンスを棒に振っていることになります。
  • 上司や先輩の目は常にあるものと考え、細かくて地味な仕事を誠実に取り組むことで次のチャンスが回ってくるのです。

 

3−2. 失敗を恐れず、チャレンジ

  • image5失敗を恐れる気持ちは誰もが持っているものです。しかし、失敗を恐れて行動しないことこそが実は一番の失敗なのです。
  • 人は成功よりも失敗したときのほうが多くのことを学べるのです。是非、失敗を恐れずに前に踏み出す勇気を持ってください。
  • ただし、必要な努力を怠り、失敗した場合は責められても仕方がありません。
  • 全力を尽くして頑張り抜いた末に結果が伴わなかった人には必ずまた次のチャンスが巡ってくるでしょう。

 

4. 習慣化すること

4−1. 仕事に優先順位をつける

  • 若手DRのうちは先輩や院長に仕事を頼まれることも多いかと思います。
  • 複数の仕事を並行して進めていく際に、まずはそれらを全て書きだしてみて、抱えている仕事の重要度と緊急度をきっちり把握したうえでとりかかることが大事になってきます。

4−2. PDCAサイクルを有効につかう

PDCAとは、Plan,Do,Check,Actの頭文字をとって仕事を4段階で管理し進めることを言います。

PDCAサイクルと聞くと、何やら難しそうに聞こえるかもしれませんが、内容は意外とシンプルです。

達成したい目標をきちんと決め、「計画を立てる」→「実行する」→「成果を確認する」→「必要に応じて改善を加える」

という4段階で仕事を進め、次のサイクルへとつなげていけばいいのです。

最初は身近にある達成できる小さな目標で構わないので、まずはPDCAを意識して一周回してみることです。

4−3. 物事をポジティブに捉える

image6仕事で辛い状況や失敗をした時、自分にとって嫌な出来事が起きた際に、すぐにネガティブなセリフを吐いてしまう人がいます。

しかし、それは一時的なものです。愚直に努力を続けていれば必ず状況は好転するのです。

目先の状況だけで判断し、小さいことでくよくよするのは、あなたの成長には何も繋がりません。是非、人生という長いスパンで視野を広げてみてください。

あなたの歯科医師人生を楽しいものにできるかどうかは、すべてあなた自身の仕事への向き合い方次第なのです。